渡辺昭子様シリーズ

スカイツリー子ども小学校: 優しさの天才 Kindle版


この書籍はこちらから購読できます。






この物語は子ども小学校が舞台です。事業仕分けの一環として、公務員の削減により、少学校の教員を子どもにやらせてみてはどうかという案が出され、モデル校として、この東京スカイツリー小学校が選ばれました。先生になった子どもたちは大人にはない発想で楽しく授業を進め、成長していきます。でも、ここでもいじめの問題が起こってきました。

転校生の天ちゃんはクラス一番の人気者でしたが、いじめにあいます。でも天ちゃんの優しさにみんなも気づきだし、いじめはおさまっていきました。
この物語は、繊細な子どもたちが東京スカイツリーに見守られながら成長していく姿が描かれています。







・・・・・・・
お客様の声


私がくるみ出版に決めたのはお値段が安いからではありません。
実は私は他社に一度問い合わせをしたことがあります。
 私はパソコンのメールをやったことがなく、ファイルの転送などもよくわかりませんでした。
それでパソコンの初歩的な質問を連発したので相手にされなくなってしまいました。
 
そんな時、くるみ出版を見つけ斉藤さんのプログを拝見しました。そこには、依頼された本への愛着と校正についての考え方が掲載されていました。
これを読んで、私は斉藤さんに依頼することに決めました。
 また作家の差別なく掲載して下さるアマゾンで販売してくれるなら他の付録は必要ないとも思いました。。
 くるみ出版の問い合わせの蘭からいきなり自分のファイルが転送しやすいように出てきたので、これなら自分にもできそうだと思いました。

 くるみ出版からの対応は敏速でしたが、私が隠れていたメールなどに気づかず斉藤さんは風邪でもひいているのではと思ったこともありました。
表紙も自作のイラストをコンビニでコピーして送っただけで、タイトルなどは素敵に入れて頂きました。
また私の旧姓も載せてほしいとお願いしたら、何と表紙にも入れて下さり大変感謝しております。
 ただ、料金は今度は前納がいいかな?。
 出版後、もし盲腸にでもなって急に入院でもしたら、せっかくアップした本が消されてしまうのではないかと気が気ではないので…。
 ご苦労をおかけしますが、またよろしくお願い致します。


渡辺昭子様、ありがとうございました。




自分に生きるが人の為 Kindle版


この書籍はこちらから購読できます。



子育てを終え、生きがいをなくした主人公が絵を描く老婆に出会い、老後の人生に希望を見つけていく物語です。
主人公は希望は感謝の心から生まれ、それは自分で生み出していくものだと気づきます。我が町を愛したくなる一冊です。















・・・・・・・
お客様の声


くるみ出版の本も二冊めになりました。
ですが、ここで大変にご迷惑をおかけしてしまいました。
最初の本の時に作成したキンドルアカウントがセキュリティーに引っかかってしまったからです。
私は本が出版されてからキンドルで購入しようとした際にエラーになってしまったことが原因だと思います。
そのことで斉藤さんから夜遅くまで何度もお電話を頂きました。
もとのアカウントを使用できるようにするためにスタッフの方と恐らく徹夜して方法を模索されたのではないかと思います。
翌朝、斉藤さんからお電話を頂いた時には、私のパソコンの機種をお調べ済みのようで、「まず一番左下の四角を押して下さい。次にその二個上の…」というようにパソコンが苦手な私にもよくわかるように手取り足取り誘導して下さってアカウントの追加からキンドルからのコードが読み取れるようになるまで長時間根気強く教えて下さいました。
私といえば「できません」「わかりません」の連発でしたので、さぞかしお疲れになったとお声からも判断しました。
そのおかげで、またこうして出版することができました。

表紙は「ご遠慮なく申し付けて下さい」のお言葉に甘え、何度もやり直して頂きした。
元々、この本のタイトルは違うものでした。
少し堅苦しいタイトルが湾曲した文字のおかげで柔らかい印象になり、インパクトのある表紙になりました。
デザイナーさんの底力を感じました。
我が子のような大事な本は一流のデザイナーに委ねてきれいにしてお嫁に行かせるのもいいと思います。
またパソコンが苦手で電子本を諦めていらっしゃる方は「斉藤さんなら面倒を見てくれそうですよ」と私は教えたいです。
くるみ出版さん、今後ともどうか宜しくお願い致します。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





文学賞ノミネート作品 Kindle版





この書籍はこちらから購読できます。


 小諸市が創設した島崎藤村の文学賞です。

     第19回小諸・藤村文学賞の応募総数は2394編     

     第23回小諸・藤村文学賞の応募総数は2659編
     

本作品はこの文学賞の最終選考候補作品に推薦された随筆です。           
入賞はしていない為、入選作品集には収録されていない作品です。     
著作権は筆者にあります。
    

タイトル けやきの座卓に頬をよせて    
タイトル カツオはお兄ちゃん




・・・・・・・
お客様の声


くるみ出版からの本も三冊目になりました。
今回は、二つのファイルを一つの本の中に入れてほしいとお願いしました。
そこまでは良かったのですが、私はその他に名前も統一していない別のファイルを送り付けてしまいました。
ですから、斎藤さんも表紙など、どれがどの本のものなのか混乱してしまったのです。
ですが私はインターネットの電源を入れていなかったので申し訳なくも、斎藤さんの大切なメールに気づくのが遅かったのです。
それでそのことで早朝から斎藤さんの留守電に何度も電話を入れてしまいました。
今回も本当にご迷惑をおかけしながらの出版になりました。

この表紙は自作のイラストですが、文字の配置は大変難しいです。
ですが絶妙なバランスの配置でタイトル挿入をして頂きました。
文字が可愛らしいのでこんなタイトルでも嫌みに感じないかなと思っています。
デザインというのは本の価値を押し上げていくものだなと感動します。
この文学賞の応募数は二千以上です。
落選した方々はご自分の作品を破いてしまうのでしょうか?。
是非、kindleに顔だけでも並べませんか?。
くるみ出版さんの手をお借りして…。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





お札は感謝の手紙 Kindle版




この書籍はこちらで購読できます。


ハワイの海辺から福沢諭吉の星に行ってしまう
 明るく楽しい物語です。  自分の顔が好きになる一冊です。














・・・・・・・
お客様の声

くるみ出版の本も四冊めになりました。
ここまで来ると、くるみ出版さんのスタッフの目の下は、くまができているのではと心配になります。
今回もパソコンが固まってしまい返信に遅れてしまってご迷惑をおかけしてしまいました。
タイトルもこんなにインパクトのあるものにして頂き、自作のイラストがぐんとひきしまりました。
ありがとうございました。

私はブルーのバックに、男の子が読書しているキンドルのアイコンは斉藤さんの本の表紙だと思っていました。
出版後、そのアイコンがパソコンに張り付いたので、どうも違うらしいと気づきました。
ネットでも「キンドルって何?」というのありました。

私と同じレベルの人、くるみさんなら面倒見てくれますよ。
斉藤さんはお電話でお話しすると、学校の先生かなといという印象です。
人生のすいも甘いも噛み分けているという感じでした。

よく自分の子どものお絵描きとかをパソコンに取り込んでいる人がいます。
データーはいつ消えてしまうかわかりません。
キンドルで保存されれば、田舎のおばあちゃんにも見てもらうことができます。
くるみ出版さんにお願いすれば簡単ですよ。
私でも出版できたのですから…。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





ユーミンのレストラン Kindle版




この書籍はこちらから購読できます。


ユーミンの「海を見ていた午後」の歌に出てくるドルフィンという名前のレストランが舞台です。
ほのぼのとしたエッセーです。














・・・・・・・
お客様の声

くるみ出版の本も五冊目になりました。
今回は自作絵の表紙の写真が小さかったためにご迷惑をおかけしました。
コンビニでのスキャンのやり方まで教えて頂きました。
おかげで原画をそのままスキャンすることができました。
本当に良い物を私以上に作ろうとされているんだなと熱意が伝わって感動しました。

表紙絵のへたくそな部分をちゃんとオシャレな文字で隠して下さってます。
ナイスです。
田舎が都会になりました。
今回は土日に作成して頂きました。
こんなに仕事熱心な出版社はいないと思います。
本当にありがとうございました。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





ルノワールの娘エドモンはここにKindle版




この書籍はこちらで購読できます。


霧氷桜の写真展を偶然、目にしたもね子は桜に魅せられ湯河原の森に向かう。
そこで、もね子はルノワールの娘と出会った。
もね子は本物の霧氷桜を見て自分自身に生きることの大切さに気づいた。
その後もね子は絵を描き始め、魂の離脱の体験をした。
もね子は生命の永遠性を確信した。











・・・・・・・
お客様の声

今回も早く出版できました。
六冊目になります。
ポケット ワイファイの調子が悪く、返信が遅れてしまいました。
そのためデザイナーさんがまた表紙の作成をして下さって今回四枚も作って下さいました。
レースカーテンのようで少女が清楚に見えます。
題名が長くて大変だったと思います。
赤いリボンと文字が連動してとてもバランスがいいと思います。
ご苦労様おかけして申し訳ありません。
本当にありがとうございました。

もっと早くにくるみ出版さんを知っていれば良かったなと悔やんでいます。
またどうかよろしくお願いいたします。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





月心 Kindle版



この書籍はこちらから購読できます。


華やかで楽できれいな仕事ばかりしてきた女の子が真逆の辛い仕事につく物語です。

仕事の本当の楽しさと素晴らしさに目覚めるお話です。














・・・・・・・
お客様の声

くるみ出版の本も七冊めになりました。
本当に早く出版して下さいました。
それなのにお値段が安いので、人の三倍も仕事していらしやるということだなと思います。
今回もルーターの調子が悪く、メールがつながらなくなってしまいご迷惑をおかけしてしまいました。
表紙は五枚も作成して下さいました。
表紙などは自分で選ぶよりむしろプロのデザイナーさんに選んでもらったほうがいいかなと思いました。
他社の一冊分のお値段で五冊出版できるのですから、くるみ出版にお願いしたほうがいいと思います。
本当にありがとうございました。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





お尻のない猫 Kindle版




この書籍はこちらから購読できます。


傷ついた野良猫を幸せにしようと奮闘する物語です。
















・・・・・・・
お客様の声

今回でくるみ出版の本も八冊目になりました。
今回も素敵な表紙にして頂きました。
本当に感謝しております。
私は出版の送信用にタブレットパソコンを購入しました。
それが調子はあまりよくないのですけれども、電車の中でも病院でも見ています。
いつか本を出そうと思っていているうちに人生終わってしまうので、皆さんもくるみ出版さんに任せたほうがいいですよ。
斉藤さんはとても親切だし、デザイナーの方はセンス抜群なので…。
それにここはスタツフの皆さんが夜遅くまでお仕事されているようですよ…。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





透明な現実 Kindle版



この書籍はこちらから購読できます。


この物語は生まれる前にママのお腹の中で見た景色から初っています。

生命の永遠性を実感できる小説です。















・・・・・・・
お客様の声

今回でくるみ出版の本も9冊めになりました。
この小説は十年以上の歳月をかけて完成した物で原稿用紙5百枚以上の長編です。
こんな物はどこの出版社でも料金がお高くなり敬遠されます。
ですがくるみ出版ではお値段変わらずなんです。
本当に凄いですね。
大変感謝しております。
表紙は今回四枚も作成して頂きました。
比率の違う絵を送り付けてしまい毎回ご苦労をおかけしております。
本当にありがとうございました。


渡辺昭子様、ありがとうございました。





お花になったのらちゃん Kindle版




この書籍はこちらから購読できます。




この童話は2004年日本動物児童文学賞の奨励賞になった作品です。
主催 (社)日本動物保護管理協会 作品集には掲載されておらず、著作権は筆者にあります。

きれいな花なら誰にも文句はいわれません。
皆に褒められるのです。

のらちゃんはそんな花になりたかったのです。








・・・・・・・
お客様の声

今回でくるみ出版の本は10冊目になりました。
今回はトラブりました。
キンドル様の関係でアップロードが途中でできなくなりました。
それで斉藤さんがキンドルに調査を依頼して下さり何日も夜遅くまでご苦労をされ、なんとか出版できました。
もし自分ひとりでやったのなら出版を諦めてしまったかも知れません。
でも、可哀そうなのら犬ちゃんのためにそれはできません。
このお話はほとんど事実に基いて作られています。
これからも波乱続きになるかも知れませんが斉藤さんが助けて下さるので、どうしても言わなければならないことを本にしていきたいと思います。
表紙もかわいらしく作って頂きました。

くるみ出版さん本当にありがとうございました。


渡辺昭子様、ありがとうございました。




モネの心 Kindle版




この書籍はこちらから購読できます。


モネの絵画からモネの心情を分析した、これまでのモネの定説を覆す評論です。
2007年頃 月間ギャラリーの美術評論コンテストに応募した評論ですがコンテトが中止になり未審査、未発表作品となりました。
この評論はモネの水連は妻カミーユの面影であることを解説しています。
モネこそ人物画。

風景の中に魂を描いた画家であることが、モネファンにはきっと賛同して頂けることでしょう。










・・・・・・・
お客様の声

今回でくるみ出版の本も11冊目になりました。
今回も最短でやって頂いたのですが、私がメールが遅れてしまいました。
土日はお休みだと勘違いしていたので…。
この表紙絵は二科展デザイン部準入選作品の一部です。
「月心」「透明な現実」「お花になったのらちゃん」も準入選作品なので賞状だけ頂き展示されていません。
なので私はキンドルに展示することにしました。
くるみ出版さんならどんな絵も素敵な表紙にしてくれますよ。

またよろしくお願い致します。



渡辺昭子様、ありがとうございました。